心太のへなちょこダイアリー

19歳の現役大学生ブロガー

自信に関するシンプルな気づき


スポンサードリンク

f:id:henaten109:20171211174356j:image

 

はじめに

 

僕は恥ずかしながら、最近になってようやく自分に自信が持てるようになりました

 

年齢にして19歳です

 

結論からいうと

自信は付けるものではなく、付いてくるものだと思いました

 

シンプルです

 

これまでは自分に自信なんてこれっぽっちもなく、どういう生活をしてたかというと、人の視線に怯えて無理矢理自分を肯定することでやり過ごしていました

 

なので、友達はそんなに多くなく女性とは目を合わせて話すことができず、後輩や塾の生徒にだけいつもの自分で接するような卑怯な人間でした

 

僕はいわゆるコミュニケーション障害という部類に属されると思います

 

そんな僕が最近は友達と積極的に会話をし、女性と笑いを交えた会話をし、前を向いて道を歩くことができるようになりました

 

そうなるまでに何か特別な事をしたかというと、決してそうではなく、偶然の産物でした

 

最近、お金の話ばかり表に出していて申し訳ないのですが、僕に自信を付けてくれたのは間違いなく仮想通貨です  

 

それはなぜかというと理由は2つあって

1つは長年の願いが叶いつつあること

2つはみんながやらないような事にリスクを冒して首を突っ込んでいるという事実です

 

 

 

長年の願いが叶いつつある

 f:id:henaten109:20171211174537j:image

僕の長年の願いというのは、働かずに暮らすことです。

 

いわゆる高等遊民というやつです。

 

そのためにはお金をたくさん持っている必要があるわけですが、今僕は大学生の割にお金持ちになりました。

 

大学生の割にお金持ちになったというのは、語弊がありすぎると思うのですが、簡単に言うとお金にお金を産ませることができたということになります

 

お金にお金を産ませることにより、僕は同じ年代の人が働いて稼いだお金の何倍ものお金を手にすることができるようになりました

 

(厳密に言うと、仮想通貨の含み益ですので、何かハプニングが起こればパァーになります)

 

お金にお金を産ませるという教えは高校を卒業した直後に読んだ「金持ち父さん、貧乏父さん」で書かれていた教えなのですが、身を削って働くことでしかお金を手に入れることができないと考えていた僕にとってその教えは非常に衝撃的でした

 

そしてその方法を模索し続けてきたわけですが、ようやくその教えを現実にすることができました。

 

また、最近は為替レートのFXがかなり上手になりました。

 

去年のアメリカ大統領選の時期からDMMのデモバーチャルFXを続けているわけですが、最初は500万円を100万円まで減らすなど、ある意味の天才っぷりを発揮しておりました。

 

ちなみに、50万円まで減らして強制的に500万円から再スタートさせられた事もあります。笑

 

最近も500万円から300万円まで落としたのですが、仮想通貨のチャートを見る癖がついた時期からチャートが何となく読めるようになり、今は300万円→600万円になっています。

 

このようにお金のあらゆる面で、得をする可能性が出たきたのでそれが自信になりました。

 

そして、働かずに暮らすためにはもっと勉強が必要ですが、学ぶことは嫌いではないのでこれから自分の生活を豊かにしていく自信もあります。

 

 

リスクと環境

 f:id:henaten109:20171211174549j:image

仮想通貨を始めて少し時間が経つと、1時間1000前後でバイトをすることの効率の悪さを実感するようになりました。

 

もちろんバイトにやりがいや楽しさを生み出してする分にはお金なんて関係ないと思います。

 

さて、僕の大学には比較的簡単に入学できる学部があり、そこには数人の友達が所属しています。

 

その人たちはお金は欲しいけど、バイトをすることが面倒だとよく口にしています。

 

ですので、

「仮想通貨を持っているだけで働くよりも簡単に利益が得られる可能性があるよ、勉強しないと税金とか大変だけどね」

と話すと

 

「いや、株は興味ねえわ」

などと軽くあしらわれてしまいました

 

勿体無さを感じたのとともに、知識のない人たちに取ってみれば自分のやっていることはかなりリスクがあることなんだと再認識しました

 

まあ株じゃないんですけど笑

知識は武器ですね

 

 

一方、塾でも同じような話をしました。

塾にはお金より生徒の為に動ける人が多いので、比較的安心して話をすることができました。

 

すると、

「色々教えて」「やってみたい」

といった声をたくさん掛けてくれました。

 

これは僕の仮説ですが、積極的に学びを行ってきた人たちは、良い情報があればまずはやってみようと思うのではないかと思います。

 

聞いていくと、もう既に仮想通貨に手を出してる人もいましたね

 

このように反面教師が多く自分を律してくれる環境とお互いを高め合える環境の両方に属している事が僕の自信になっています

 

実際、お金の事を考え続けてブログを始めなければ、仮想通貨なんて全く知りませんでしたからね

 

潜在意識の力に感心する毎日です

 

 

さいごに

 

はじめに述べた通り、自信は付けるものではなく付いてくるものだと思います

 

そもそもステイの状態で自信を持とうなんて、体育館の天井に挟まったバレーボールを取るくらい難しい事だったのです

 

個人差はあると思いますが、

行動して、気づいて、結果を出して

初めて自信が持てるのではないでしょうか

 

 

能力のない自分を僻むくらいなら、まずは行動するべきであるというシンプルな気づきでした

 

 

おしまい。。

 

 

余談

 

お金で付いた自信ならすぐに崩れると思うのですが、これからも行動や経験が自信になるよう攻めの姿勢を貫きたいです