【無料】ミラティブで収益化
ブログ

【ペルソナ】1日1PVを100記事書いて100PVを狙った結果

皆さんのおかげで、ブログを開設して1年が経過しました。

僕と同時期にブログを始めた人は大半がやめてしまっています。

継続の困難さを改めて思い知るとともに、少しだけ自分を褒めてあげたい気分にもなれました。

 

さて、3ヶ月前と比べるとPVは5倍〜10倍以上にもなり、1日に1000人以上の方が訪れてくれるようになっています。

1日に1000PVだなんて、以前の自分からすると遥か雲の上の数字だったのですが、早くも次の目標は1日2000PV。

 

そんな僕がPV貧困時代に取った策が1日1PVを100記事作ることでした。

1日1PVを作る記事を書くことは、高すぎる目標を掲げていた僕にとって容易だったのです。

 

考え方は楽観的です。

一人に見てもらえれば良いってことは、ペルソナを個人に限定すれば良い。

 

身近な人を1人ピックアップして、その人に伝わるように記事を書きました。

これが僕なりのペルソナの設定です。

 

ポケモンの育成論を書くのなら、ポケモンをあまり知らない友達の1人をペルソナに。

塾講師のノウハウを書くのなら、バイト仲間をの1人をペルソナに。

友人関係に悩んでいる生徒がいるのなら、その生徒の悩みを解決できるように。

そうやって一人一人に届くように記事を書きました。

 

そうするとだんだんと1日1PVを生むような記事に育ってきます。

サーチコンソールでクエリを確認して、検索意図にズレがないかを確認。

ズレていたら、キーワードを書き加えて見出しを整理し、さらに読まれる記事に。

 

そうやってリライトする力も身につきました。

するとおかしなことに気がつきました。

 

1日1PVを目指して書いた記事が2人以上に読まれ始めるのです。

つまり、同じ悩みを抱えていた人・同じ情報を求めていた人が記事を訪れてくれるようになったということです。

 

1人の悩みにフォーカスした記事のはずが、それ以上の人に届くようになった。すなわち、悩みは割と普遍的であるということです。

 

だから、初めは大衆の期待に応えようとしなくてもいいんじゃないかなと思います。

全国民よ、俺の話を聞け!というスタンスで記事を書いていると、雑な仕上がりで誰の胸にも届かない記事になってしまいがちです。

 

たった1人にフォーカスして7割程度の力で書きあげ、リライトを重ねて良質な記事にしていくことが大切なのではないでしょうか。

そうすると同じ悩みを持った他の人にも、自然とあなたの声が届いてたりします。

そうやって読まれる記事を量産していこうと思います。

それでは!