【無料】ミラティブで収益化
プチ情報

書店に行くと尿意がこみ上げてくる現象には名前があった

皆さんは、書店(本屋)に行くと突然尿意に襲われる現象に遭遇したことはありますか?

僕は何百回と書店に足を運んでいるのですが、トイレに焦るような思いをしたことはありません。

いや、本屋とトイレという相容れない両者について、勝手に話し始めてしまいごめんなさい。

僕は決して怪しいものではありません。

 

さて、先日紹介した早押しクイズ【みんはや】を遊んでいたところ、こんな問いが出題されました。

Q

書店に立ち寄ると、尿意がこみ上げる現象をなんというでしょう

ゆーまー
ゆーまー
いや、どんな現象やねん

尿意こみ上げへんやろ

と、思わず突っ込んでしまったこの問い。

 

正解は青木まりこ現象でした。

 

なんやそれ。そんなん知るかいな。

 

と言いつつも、青木まりこが頭の中から離れません。下から、横から、上からマリコです。

ということで、少しだけ調べてみました。

 

青木まりこさんとは

青木まりこさんとは、日本のフォークシンガーさんでした。

フォークシンガーとは

民謡や民族音楽を歌う人のこと

3月生まれのうお座。東京都出身。フォークグループ「ジャネッツ」でキャニオンレコードよりデビュー。デビュー曲は「恋の汽車ポッポ」。ジャネッツ解散後、CMソングやコーラスとして個人で活動を続け、1996年〜1999年、2006年〜2007年の間には「シモンズ」再結成メンバーとしても活躍。2000年からは再結成された「五つの赤い風船」のメインボーカルとして活動している。Wikipediaより引用

 

青木まりこ現象とは

青木まりこ現象は、日本の雑誌「本の雑誌」の読者欄にて1985年に投稿され体験談が元になっているそう。

理由は不明だが、2,3年前から書店に行くたび便意を催すようになった。という投稿を編集者が面白がり掲載したところ、同じような悩みを抱える多くの読者から反響があったそう。

 

それらのことから、書店において突然便意が出現する現象を投稿者の名にちなみ、青木まりこ現象と命名された。

 

ということは。

フォークシンガーの青木まりこさんと、便意を催す青木まりこさんは、全くの別人だったみたいです。

 

ちなみに、書店に入ると便意に襲われることの間に因果関係があると断言できる調査結果は出ていないようです。

それでは!

TikTokより可愛い女の子がライブ配信をしているイチナナを無料でダウンロードしよう!