ムーンプレゼント企画実施中
生活

【高校生へ】自分の存在価値や存在意義を否定しないでほしい

人の意見に流されて自分の主張は何一つ出来ない。自分の存在意義ってなんだろう。

そのような悩みを抱えてはいませんか?

もし悩んでいるのであれば、あなたは同じように存在価値や存在意義に悩んでいる人たちの味方になることができます。

彼らの気持ちがわかるのはあなたしかいないのです。

学校という狭い狭いコミュニティでうまくいかなかったから。勉強が得意ではないから。誰かに見捨てられたから。そんな理由で存在価値を否定しないでください。

このページで、存在意義を見失いかけているあなたの世界を広げることができたらと思います。

 

存在意義とは何か

存在意義とは存在している価値のことをいいます。

あなたは本当に存在価値がないのでしょうか。誰からも必要とされていないのでしょうか。

そんなことはないはず。帰る家があります。家で待ってくれる人がいます。

彼らにとってあなたはかけがえのない存在ではありませんか?

毎日汗水垂らしながら働いてお金を稼ぎ、あなたは高校に通っているはずです。

まずはあなたを待ってくれる人を大切にしてみませんか。

 

存在意義や存在価値は自分で創っていく

正直存在価値を自分で創るなんて、できるならもうとっくにしていますよね。

現にあなたがこのページを見てくださっているのがその証拠です。

ただこのページをいくら読み込もうと、あなたの存在価値は1mmたりとも変化しません。

考え方が変わったら行動を変えてください。

あなたの人生がうまくいかないなんて、たった十数年生きただけで決められていいわけがありません。

能力はいつどこで開花するかわかりませんし、もしかしたら明日には物凄い変化が起こっているかもしれないんです。

行動をしないと巡り合うべきチャンスにさえ出会わず、好機を逃したことにさえ気付けずに過ごしていくことになります。

そんなの自分の人生に失礼です。

高校生の存在意義とは

もう一度言います。たった数十年生きただけで、この先の人生に価値をつけられて良いわけがありません。まだまだこれからです。

ましてやあなたが高校生なら、ここからできることは山のようにあります。

勇気を持って何かアクションを起こしませんか?行動すれば必ず道は拓けます。あなたがどんなことでどんな風に悩んでいるのか、僕は全く分かりません。

  • 人に流されやすい
  • 自己主張ができない
  • 勉強が苦手

色んな悩みがあると思われます。これらは一見短所のようですが、長所でもあります。

実はいずれも自分の存在価値を上げるために利用することができるのです。

人に流されやすい

人に流されやすいのは、周囲を広く見て決断ができるということでもあります。

もし自分の意見がないことで悩んでいるならば色んな本を読んで価値観を育てていきましょう。

本は1000円と少しを払えば人の頭の中が覗ける最強のツールです。多様な考え方を脳内にインストールして、自分の中では意見を持つようにしておきましょう。

 

勉強ができない

勉強ができないなら、勉強すればいいのです。

どういうことかというと勉強ができない人は大抵やり方を間違えているか圧倒的に量が足りません。

そして今の成績が悪ければ悪いほど、成績が上がった時に一目置かれる存在になります。

塾講師になって自分が勉強できなかった過去を語れば、成績が伸びない生徒たちの勇気になることができます。

現に僕は大学受験に失敗した経験を還元するために塾講師をしています。

できないならできるようになって他のできない子の勇気になりましょう。そうすれば存在価値は向上しますし、そもそもそこまで価値を高められる人は少ないでしょう。

僕が高校生時代の存在意義の話

さて、僕が存在価値について特に頭を悩ませたのは高校3年生18歳のセンター試験直後でした。

もう死んでもいいとさえ思いました。

ここからはそんな話を書いておきます。

 

誘惑を断ち切って懸命に勉強したのに、結果を出せなかった自分の実力にうんざりする。全ての努力は無駄で、自分には才能がないんだ。

生きてる価値があるのかすら怪しい。そんな風に自分の存在価値を否定していました。

 

そんな時、この詩を思い出しました

「鎮静剤」

マリー・ローランサン                 堀口大學 訳

退屈な女より もっと哀れなのは 悲しい女です。

悲しい女より もっと哀れなのは 不幸な女です。

不幸な女より もっと哀れなのは 病気の女です。

病気の女より もっと哀れなのは 捨てられた女です。

捨てられた女より もっと哀れなのは よるべない女です。

よるべない女より もっと哀れなのは 追われた女です。

追われた女より もっと哀れなのは 死んだ女です。

死んだ女より もっと哀れなのは 忘れられた女です。

この詩との出会いは、某〇進衛星予備校の〇先生が行っている現代文の授業でした。

 

映像授業の画面越しにこの詩の存在を教えてくれます。中でも、最も強く語ってくれたのが

死んだ女より もっとも哀れなのは 忘れられた女

という一文。

 

自分がおかれている環境を振り返った時に、めちゃくちゃ幸せだなって感じました。

そして、今の自分がいる事が当たり前だと思っていたことを恥じました。毎日お父さんとお母さん、妹弟と顔を合わせられる。学校で友達と会える。勉強できる。スポーツができる。怒られる。褒められる。文句を言える。成長できる。帰る家があって、布団にくるまって寝ることができる。

そして、自分が死んで悲しんでくれる人がいる。

 

それは、自分がどこかで誰かの生活の一部になっているということ。誰かの中に確かに存在しているということではないかと思います。

 

死んだ女より もっとも哀れなのは 忘れられた女

自分の存在価値や存在意義まとめ

あなたと同じように存在価値や存在意義に迷っている人はたくさんいます。

この中で悩みの渦から抜け出せるのは行動を起こした人だけです。

そしてその行動は同じように悩む人たちの勇気になっていきます。

あなたにできて他の人にはできないことがあります。あなただからこそ分かる人の気持ちがあるはずです。

このページがあなたの人生を変えていくきっかけになれば幸いです。

それでは、また次のページで会いましょう。

あわせて読みたい