SNS

坊主さんの選手権で入選したので、サクッとコツをまとめる

坊主選手権入選

ツイッター廃人の皆様こんにちは、どうもゆーまーです。

この度、坊主さん主催の「インキャの定義選手権」に入選しました。

やったね

ちなみに坊主さんはフォロワー100万人を抱える超インフルエンサーです。

 

今回は選手権に入賞する為のちょっとしたコツをサクッとまとめていきます。

おそらく、選手権ガチ勢の方々は既に実践されていることでしょう。

10秒で読める結論
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる

まずは秀逸な回答を用意する。

10秒で読める結論
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる


今回応募したインキャの定義は

「奇数人で行動すると、気づいたら一人になっている」

数ヶ月前、塾講師の先輩とその生徒が考えついたものを応募しました。

 

選手権で入賞するためには無論、この秀逸な回答を用意するのが一番難しい。

先輩たち様様です

選手権開催直後にリプライを送る

10秒で読める結論
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる


選手権が開催されたのはちょうど12:00。

最優秀賞のリプライは12:01。

金賞のリプライも12:01に送信されており

入選の5作中3作は12:01に送信されている。

 

選手権では意見が被ることが多く

後から出た意見はパクリだと批判されてもおかしくないのです。

 

つまり言ったもん勝ち。

先行者優位とはこのこと。

 

ちなみにぼくのリプライは12:08に送信しているので

運よく被りがなかったものの

若干出遅れたわけです。

いいねで初速をつける

10秒で読める結論
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる

若干出遅れてしまい、リプライを送る12:08分には既に100以上の応募がありました。

これでは有象無象のリプライに飲み込まれ、秀逸な回答が誰の目にも触れぬまま選手権が終わってしまいます。

 

そこでぼくは自分のアカウント3つを用いて自分でいいねをつけました。

リプライ欄の表示は時系列順ではなく

上から大体いいねの多い順に表示されます。

50いいねを超えたあたりで2つは消したよ。

後は流れに身をまかせる

10秒で読める結論
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる

いいねが3つつくと、なんとか上位に表示されるようになりました。

その後結果として1万以上のインプレッションを集め、自分でつけたものを除いて101のいいねを獲得したわけです。

選手権のインプレッション数

インキャツイッタラーの訓練の賜物である。

えっへん
まとめ
  1. 秀逸な回答を用意する
  2. 選手権開催からまもなくリプライを送る
  3. 自分のアカウントでいいねを押し初速を上げる
  4. あとは流れに身をまかせる

こうしてたくさんの共感をいただいたわけですが、自分でいいねをつけてはいけないルールがあったらごめんなさい。

応募後たった数秒で破ってしまいました。

 

生粋のインキャとして

インキャの定義付けに少しでも貢献できたかなと思います。

 

坊主選手権、2回目も挑戦していきます。

それでは!

tiktokでの副業
tiktokで紹介されている副業には手を出さないのが吉 という怪しさ満点の投稿が増えています。 こういった風潮が濃くなっているからこそ、あえて警鐘を鳴らし...