書評

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学の感想

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

もしも230億を稼いでいる投資家の頭の中を覗けるとすれば、覗いてみたくないですか?

だって億ですよ。それも230億。

一生働いても稼ぎきれないであろう大金を株投資で稼いでしまう人はどんな風に育ち、何を考えて生きてきたのだろう。

ふと頭によぎったので、読んでみました。

ぼくが知りたいのは以下の3つ。

購入した目的
  1. 投資家としての1日の過ごし方を知る
  2. 学生時代の過ごし方を知る
  3. 投資で勝つための考え方、生活に応用する。
今回ご紹介する本

一人の力で日経平均を動かせる男の
投資哲学

著者:cis<しす・個人投資家>

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 [ cis ]

created by Rinker
2分で読めるよ

投資家としての1日の過ごし方

知りたいこと
  1. 投資家としての1日の過ごし方
  2. 学生時代の過ごし方
  3. 投資で勝つための考え方で、ぼくの生活に応用できる点

億単位のお金を動かすトレーダーの1日を知りたい。ブロガーとして参考になりそうなら真似しよう。

そう考えながら読みました。

投資家さんは1日中モニターを眺めながら生活しているイメージ

トレード職人の朝は早い。
普段は8時くらいに起きて、8時55分にパソコンの前に座る。
だけど100億を超える売買をしようというときは、夜中に3回も4回も目が覚めて、6時半頃から為替を見ながらどうなるのかを考えたりする。ぼくはそれがすごく楽しい。

(p83 第4章 職業・トレード職人から引用)

 

朝早く起きて、午前中だけ取引をするそう。

午前中で重要な時間は9時00分から9時20分で、それ以降はモニターを横目に漫画や雑誌を読みながら過ごしているらしい。

イメージとは違うようです。

 

他にも麻雀を打ったり、オフ会を主催したり、掲示板に「1億持ってます。彼女募集中。」というスレッドを立ててみたりなど、それぞれのエピソードが濃厚で面白かったです。

学生時代の過ごし方

知りたいこと
  1. 投資家としての1日の過ごし方
  2. 学生時代の過ごし方
  3. 投資で勝つための考え方で、ぼくの生活に応用できる点

ぼく学生時代は部活して友達と遊んで、ゲームして過ごしてきました。まぁ誰も興味ないかな。

で、株で230億稼ぐ人は学生時代に何をしてたの?っていう純粋な疑問があって、それが知りたかった。

で、で、その答えは第5章に全部書いてあった。

第5章のタイトルは『投資に必要なスキルはゲームで磨いた。』

とっさにコマンドを入力する動作と反射神経を鍛えたのは「ストリートファイターII」だったし、自分のレベルを上げることの大切さ、相手に関する研究をする事前準備の必要性を学んだのは「ウルティマオンライン」だったし、瞬時に変化する場況を読む広い視野と戦況に対応する能力は「エイジオブエンパイア」で磨いた。

親がテレビゲームをやらせてくれないような家に育ったら僕は投資家になれていなかったと思う。

p113 第5章 投資に必要なスキルはゲームで磨いた より引用

ゲームをやりこむことで考え方の基礎を学び、縦に横に応用していくイメージ。

ゲームも好きでやっていたようで、やっぱり没頭できるって大事だなと感じた瞬間だった。

 

他にも面白かったのが

  • 駄菓子屋のくじ引きを攻略した話
  • 小学生の時に仮想通貨を発行していた話
  • 中3からパチンコを初めて20歳までに2000万稼いだ話

などなど。

とにかく第5章はめちゃくちゃ面白かった。

考え方と行動のスケールが大きくて、読んでるだけで強くなった気がする。

投資に勝つための考え方で、ぼくの生活に応用できる点

知りたいこと
  1. 投資家としての1日の過ごし方
  2. 学生時代の過ごし方
  3. 投資で勝つための考え方で、ぼくの生活に応用できる点

ぼくは株の投資には手をつけていませんが、勝負強さという点でどこか学べる点があるだろうと考えていました。

ありました。

勝つためには長い目で見て得となる可能性が高い売買を積み重ねるしかなく、日々の勝敗に意味はない。

p23 第1章 本能に勝てねば投資に勝てない より引用

この文から、目の前の損益ではなくトータルの損益を重要視する考え方の元で行動を継続させようと決めました。

例えば、本を1冊購入すると手持ちのお金は1500円ほどのマイナスになります。しかし本の内容を実践し続けることで得られる知識や経験から生み出される利益は長い目でみると1500円以上になる。

長い目で見て得となる可能性が高いモノへの投資を惜しまない、初期投資に怖気付かない姿勢を今後も継続させていきたいです。

大金を払う場合は入念に調査した上でリスク相談をするべきだね

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学の感想

本書には他にもスケールが大きすぎる経験談がてんこ盛り。

  • ジェイコム誤発注事件での動き方
  • ツイッターで寄せられるDM
  • メディアへの対処
  • おっすおら損五億

などなど勝った話、負けた話、お金があるからこそ経験できる話の全てが面白かった。

投資をしたことはなかったけど、VRの世界に没入したような世界感を体験できました。

大満足です。
この記事でご紹介した本

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学

著者:cis<しす・個人投資家>

一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学 [ cis ]

created by Rinker
あわせて読みたい