ほしいものリスト
ポケモン

スカーフゲッコウガ【対策・調整・単体考察】

>

スカーフゲッコウガの対策と調整と単体考察をしていきましょう!

いまや環境TOPに君臨するようになったゲッコウガ。アニメでもサトシゲッコウガが人気を集め、その人気はまさに飛ぶ焼き鳥を落とす勢いだ。

呼んだ?

はやてのつばさに下降修正がかかったのはホンマにつらいって、、、

さて、今回は環境にささるスカーフゲッコウガの考察をしていく。

 

ゲッコウガの基本情報

【ゲッコウガ】

通常色

Pokémonsprite 658 XY.gif Pokémonsprite 658 Rückseite XY.gif

色違い

Pokémonsprite 658 Schillernd XY.gif Pokémonsprite 658 Rückseite Schillernd XY.gif

●タイプ
みず・あく

●特性

げきりゅう

HPが1/3以下の時、「みず」タイプの技の威力のが1.5倍になる。

●隠れ特性

へんげんじざい

自分が技を出すタイミングで、自分のタイプが技と同じタイプになる。

●種族値

HP
72
攻撃
95
防御
67
特攻
103
特防
71
素早
122

ご存知の通り、耐久力が低いが自慢の素早さを広い技範囲+へんげんじざいで勢力を伸ばしてきた。

 

スカーフゲッコウガ

今回スカーフゲッコウガを考えようと思ったのが次の2点。

①シンプルにS↑アーゴヨンが辛い
②げきりゅうゲッコウガが増えてきてあまり読まれない

まずはアーゴヨンを何としてでも止めたい
Cに84振ればへんげんじざいれいとうビームで無振りアーゴヨンを確定で落とせるようになるのでここまでは振っておきたい。

ちなみにH4振りまたはD4振りアーゴヨンは乱数(87.5%)。
そのため、100まで振っておくと確実に落とせるようになる。

ということでC84振りは確定。

Sは1舞メガボーマンダ、BBアーゴヨンを抜くため最速。特性は先制技対策などの理由からむじゃき(素早↑特防↓)で、
ダウンロードのC上昇を嫌うならせっかち(素早↑防御↓)。

今回のスカーフゲッコウガは先制技大嫌いマンなのでむじゃきで採用。

あとはAに全振り。

 

努力値と技構成

147-137(172)-78-134(84)-91-191(252)

アーゴヨンを止めるためのスカーフゲッコウガなので、れいとうビームは確定

慎重HDベースのメガボーマンダH196 D228(眼鏡テテフのフィールド込みサイキネ耐え調整)を乱数1発(56.2%)
チョッキランド(テテフフィールド込みサイキネ確定3発調整)を確定2発

カプ系統やフェアリーを止めるためのダストシュートも確定
初手のスカーフテテフやコケコを上から制圧することができる。

カプ・レヒレに対して確定1発を取れないのが火力のさびしい所ではある。

候補① いわなだれ
1舞ウルガモスやS1段階上昇リザYを確定で落とせるため採用価値は高い。他にも3割怯みでワンチャンモンスターに変身する事が出来るなど非常に優秀である。

候補② とんぼがえり
偵察型にしたいとき採用する。ゲッコウガミラーの際に有利を取れる乱数1発(6.2%)。
ミミッキュの皮を剥がしながら逃げたり、メタグロスがメガシンカしたのを見てから威嚇持ちのポケモンに繋げられるムーブが取れるのが強い。
スカーフであることは一瞬でバレル。

候補③ ハイドロポンプ
カバルドンなどに強くでるため。しかししかしc84振りのゲッコウガではH252カバルドンを一撃で落とすことは出来ない。

候補④ あくのはどう
あくタイプを持ちながらギルガルドに強く出られないのは弱いと感じる。

候補⑤ くさむすび
メガギャラドスやバンギラスに対する明確な打点。トリトドンや雨下のメガラグラージを倒す。雨下のメガラグラージよりスカーフゲッコウガの方が速いためパーティ単位で重い場合採用はおすすめ。

候補⑥ けたぐり
バンギラスやメガガルーラに対する打点。メガガルーラに関してはねこ+ねこ+不意打ちで落とされてしまう可能性が多いので打点は無くてもいいかもしれない。

 

まとめ

個人的には

れいとうビーム ダストシュート とんぼがえり いわなだれで採用しようと思っている。

使用感は後日別記事にてまとめます!

ABOUT ME
ゆーまー
20歳の草食系男子大学生ブロガーが、人生をちょっとだけ豊かにするために様々な情報を発信します。 個別指導塾講師・ポケットモンスターオメガルビー・アルファサファイアダブルバトル世界最高52位