大学生活

【中学生必見】授業中やテスト中にお腹がならない方法

「お腹が鳴りそうな時、お腹を引っ込めるといいらしいですよ。」

と言われたので実践してみると、逆に変に高い音が教室に響いてしまい恥ずかしい思い出があります。

 

さて、今回はお腹がならない方法を紹介していきます。

サクッと読んでいってね

授業中にお腹を鳴らさない方法はときめくこと

結論から言うと「好きな人を思い浮かべる」方法が良いです

経験したことがある方なら分かって頂けると思うのですが、お腹がなるとシンプルにめちゃくちゃ恥ずかしいんですよ。

しかも1回じゃ終わらないんですよ、お腹がなるのって。一度許してしまうと、次から次へとギュルギュルなり始めるんです。もうここからは時計とにらめっこ。

 

さて、お腹がならない方法として個人的に最も有力なのが「好きな人を思い浮かべること」

なぜ好きな人を思い浮かべることがお腹がならない方法なのかというと、なんと人はときめいている状況下では空腹を感じづらいそうなのです。

 

それを応用し、空腹時に好きな人を思い浮かべることさえできればお腹がならないわけです。(僕調べ)

好きな人がいない方だけ、次の章をお読みください。

結論

トキメキ力

授業中にお腹が鳴りそうになる前に

好きな人がおらず、そもそも妄想でトキメくの難易度が高すぎると言うあなたへ。

残念ながら僕の力ではなんともできません。何しろ僕自身お腹を空かせてはブイブイ言わせてきているのですから説得力はゼロな訳です。

ということで代わりに、腹持ちが良いと言われている商品を2つ紹介しますのでコチラで予防することをオススメします。

トキメキと空腹対策食品で大空腹時代を乗り越えられるよう、心からお祈りしております。

それでは。次の記事で会いましょう。

あわせて読みたい