ブログ

瞬間リライトでサイトの評価を上げる方法【SEO的根拠なし】

瞬間リライト
  • リライトがめんどくさい
  • とりあえずサイトの評価を上げときたい

そんなあなたにSEO的根拠なしのリライト方法をご紹介します。名前は勝手に「瞬間リライト」と名付けています。

SEO的根拠なしというのは、紹介する方法がSEOに最適であるのかどうかを判断する知識がぼくに備わっていないという解釈でよろしくお願いします。

データ証拠がないのは、ぼくがリライトによるBefore,Afterの数値化をサボっているからです。

 

ぼくと同じように遊びながらPVを伸ばしたい方のみ参考にしてください。

この記事を書く目的はリライト方法を普及するためではなく「瞬間リライト」のクエリで1位を取るためです。

 

しかしながら決して適当な方法を紹介しているわけではありません。

試行錯誤してリライトした結果、月間10万PVを達成するまでになったのでSEO的に不正解だとは言われないような内容になっていると思います。

あと、偉い人が言ってたことを要所要所に組み込んであります。

サクッと見ていってくださいな。

 

追記:5日後に1位を獲得しました。

瞬間リライトで1位

瞬間リライトとは

瞬間リライトとは、またたく間にリライトを仕上げることです。何のひねりもありません。

ぼくは極度のめんどくさがりやなので、リライト作業はなるべく早く済ませてきました。

服を選ぶ手間を省くために、1週間同じズボンを履き続けるレベル

 

ブログを1年半やってきましたが、実はリサーチを重ねてリライトした経験がほぼありません。

すなわち、ほぼ全て瞬間リライトで済ませてきたというわけです。

ここで一度本来のリライトを復習しておきましょう。

本来のリライト

本来のリライトは情報の鮮度や信頼度を保つために行います。

  • 最新情報
  • 体験談
  • 事後報告
  • 誤字・脱字

等をチェックして書き直します。

 

また、

  • ペルソナに沿った記事になっているかどうか
  • キーワードがずれていないかどうか

を確かめる目的もあります。

だいぶ時間がかかってしまいます。

本来のリライトの方法

競合のキーワードを抽出して自分の記事にないキーワードを付け足したり、画像の代替テキストやレイアウトを見直したりします。

また、サーチコンソールで表示回数が多いクエリを調べ、クエリの検索意図に沿うように書き換えることで順位をあげることもできます。

内部リンクも重要。

ガチアフィリエイターの方々はこれ以上の到底想像もできないようなリライトを行なっているはず。

 

めんどくさがりやのぼくが一番手をかけているリライト方法は下の記事にまとめてあります。

【PV爆増】サーチコンソールを用いたリライトの方法 そんな悩みを抱えてはいませんか? PVを上げるためにリライトは欠かせませんよね。 この記事では2018年にPV爆増を...

瞬間リライトの方法

前提として瞬間リライトを行うのは書き直すのがめんどくさくなる2000字以上の記事だけです。

2000字以下の記事は、まずは文字数を増やすことからやってみよう。

 

瞬間リライトの方法
  1. 表現だけを変える
  2. 語順を変える
表現だけを変える

ぼくが最も利用しているリライト方法は『表現だけを変える』です。

例えば

PVが増えたきっかけは「1日1PV稼げる記事を書く」を意識したことでした。

→PV増加のきっかけは、1日1人に届くような記事の執筆を意識したことでした。

こんな風に言い換えができる単語だけを書き換えていく方法を実践してきました。

助詞のダブりにも注意を払います。

 

語順を変える

次に語順を変える方法も使っています。

例えば

PVが増えたきっかけは「1日1PV稼げる記事を書く」を意識したことでした。

→PV増加のきっかけは、1日1人に届くような記事の執筆を意識したことでした。

→1人に届ける意識で記事を書くと、同じ悩みを持つユーザー層が現れて次第にPVが増加し始めたのです。

ぼくがリライトする際はどちらか片方のみを使うことが多いです。

今回の例では表現を変える方法と語順を入れ替える方法を組み合わせてみました。

 

瞬間リライトを、とある記事に週1で行っていたことがあります。

その記事は狙っていたワードで随分と長く1位を確保し続けてくれているので、リライトは頻度も大切だななんて思います。

今、いいこと言ったよ

瞬間リライトのタイミング

瞬間リライトは追加する情報がない、もしくは順位を上げておきたい場面で使います。

あげたい記事がある時、あげたい記事+そのカテゴリの記事を瞬間リライトです。

 

これを行なった結果、落とした順位を元に戻せることに気がついたので、今は各所で実践しています。

しかしながら、ゆまらぼの場合はまだまだ大企業に叶いません(遠い目)

逆に特化サイトだと、まとめ記事の順位がぶち上がります。全記事が更新された時、サイトまるまる評価がぶち上がる感覚があります。

リアルタイムで気持ちよくなる。

 

瞬間リライトまとめ

まとめ
  1. 表現を変える
  2. 語順を変える
  3. リライト方法を知らないド素人のぼくが実践してきた

瞬間リライトは数分で手軽にできるリライト方法です。

正直、徹底的にリライトすれば20万PVいける所をサボっているがために10万PVで停滞しているという可能性もあります。

そのため、ぼくのように自分のやり方で遊びながらPVをあげたいという方は参考にしてみてください。

必ずフェッチしてくださいね。

 

もちろん、ユーザーファーストの意識も大切です。

情報の鮮度を保ち、ユーザーの悩みを解決し続けられるようなコンテンツを発信する意識が欠けると痛い目にあいますからね。。

その点だけは胸に刻みつつ、瞬間リライトで順位を安定させることができればWin-Winですね。

それでは!

あわせて読みたい