ムーンプレゼント企画実施中
Tik Tok

tiktokで紹介されている副業には手を出さないのが吉

tiktokでの副業

本記事執筆時の日付は5月23日。

近頃、

tiktokで副業を一緒に始めてみませんか

まずはお話だけでも大丈夫です

という怪しさ満点で曖昧模糊な投稿が増えている。

tiktokの副業には手を出さないこと

 

こういった風潮が濃くなっているからこそ

私はあえて警鐘を鳴らしておきたいことがある。

結論から言うと、SNSで目にする一緒に副業やりましょう系の副業には手を出さないことだ。

ちなみにこのブログもネットビジネスの1つなんだよな

副業を誰かに紹介することで稼いでいる。

tiktokで紹介されている副業

簡潔にいうと稼ぎ方を教えてもらう代わりに、あなたはお金を払わなければならなくなる。

任天堂Switchを何台も買えるような金額を請求される。

私は実際に30万円を請求されたことがあるが、体験談は次の章で紹介する

 

もしあなたがスマホだけで簡単に月30万円稼げる情報を入手したとしよう。

月30万の収入があれば、働かずに暮らしていけるかもしれない。

好きなものが買えるし好きなものを食べる余裕ができる。

そうなればすかさず、あなたはその方法を実行しお金を稼ぎに走るだろう。

 

ところがtiktokを始めSNSでは

月30万稼げる情報を教えるから一緒に稼ごう

と囃(はや)し立ててくる。

貴重な情報を、見ず知らずの赤の他人のあなたに提供しようとするのだ。

 

それは稼ぎ方を紹介することで収益を得られるからだ。

簡単に月30万円稼げる方法が実在するかどうかは分からないが

自分が稼ぐためには今すぐその方法を実行するのが先で、赤の他人に稼ぎ方を教えている暇はない。

それをしないのは荒稼ぎできる力がない

もしくは「稼ぎ方」を教えることで得られるお金を「収益」と銘打っているからに過ぎない。

専門家さんの詳しい解説

https://webtan-tsushin.com/buzz_201812_netbusiness01

ネットビジネス副業の話を聞きにいくと、その気になってしまった話

ネットビジネスに取り組もうとした過去

恥ずべき話だが、私には本気でネットビジネスに取り組もうとした過去がある。

大学受験に失敗し将来に不安を抱えていた頃

ツイッターで「簡単に稼げる副業」を紹介するアカウントにアポを取って会いにいった。

 

場所は大阪府内のサンマルクカフェ

爽やかな20代後半のお兄さんと落ち合った。

机上に開かれたMacbookと高そうなノートがそれとなく富裕感を演出している。

ドリンクくらい奢ってくれることを期待していたが、そのそぶりを一切見せず残念に思ったことを覚えている。

 

ドリンクを片手に着席し、お互いの自己紹介が始まった。

そこから高校時代の部活など過去に焦点を当てた話に続き

気づけば現状に抱える不安を引き出され

最終的に未来への危機感を抱かされていた。

 

不安と危機感が露呈したところで話題は

「簡単に月30万稼げる方法」へと移る。

 

私は一瞬でその方法の虜になってしまった。

1回目はここらでお開きになり、LINEを交換し私だけがカフェを後にした。

ここら辺の会話術は塾講師に応用させていただいている。効果覿面だ。

 

その後、お兄さんとは3回お会いした。

内2回に30分以上の遅刻をするなど、今考えればとんでもない人だった。

もちろん毎回ドリンクは自腹。
何が簡単に月30万だ。

 

長くなり過ぎたので、結論をいうと

その気になって情報商材に30万円払えと言われたところで会うのを辞めた。

 

この後の話は後日別記事にて公開する。

このようにしてヒッチハイクの記事は現在進行形で半年間も温められている。

tiktokに関わらず副業自体を紹介する副業には手を出さない方が良い。

私はこのブログで

ブログは最高だからやった方がいい

このアプリは面白いからインストールした方がいい

などと自身の体験から自信をもって勧められるモノを紹介して収入を得ている。

 

翻って今回紹介したような副業は

学生の将来やお金の不安を煽る悪質なものが多い。

 

実際私はそれらを試したことがないし、ツイッターに掲載される

「今日はお昼から金箔のかかったお肉♪おいしー♪」

などという贅沢アピールも画像を引っ張ってくるだけで金持ち感は簡単に捏造できる。

決して騙されてはならないのだ。

 

やるかやらないかはあなた次第だが、詐欺まがいの案件も多い。

どうせお金を稼ぐなら人の弱みに付け込む形ではなく

誰かを幸せにするような形が望ましいのだが

どうだろうか。

あわせて読みたい