【無料】ミラティブで収益化
プチ情報

本当はもっと暑い!?天気予報の気温の測り方と体感温度が高い理由

ゆーまー
ゆーまー
この記事は2分で読めます

 

平成最後の夏は暑い日が続いていますが、天気予報で「今日の最高気温は36℃です。」と言っていたのに実際外に出てみたら体感温度は40℃を超えていて、本当に最高気温は36℃なの?と思うほど苦しい思いをしたことがある方が多いのではないでしょうか。

 

実は体感温度が天気予報の気温を超えているという感覚は間違っておらず、理由は気温の測り方にあります。

 

天気予報の気温の測り方

気温は基本的に直射日光に当たらない風通しのいい場所で電気式の温度計を用いて測定されます。

 

また、周囲の状況に左右されない標準的な気温データを取る必要があるため、観測環境は全国で統一されています。

 

その観測環境とは建物や樹木などを避け、風通しがよく、周囲の日当たりが良い地面には芝生が埋められ、高さ1.5mの場所で計測されるというようなものです。

 

体感温度が高い理由

私たちは直射日光をあび、アスファルトとコンクリートの上を移動します。

日照りが強い日に裸足でアスファルトの上を歩いたり、コンクリートを触ったりした経験はありませんか?

 

実はアスファルトやコンクリートは熱を保ちやすい性質を持っています。そのため太陽で上から暑いのに対し、下からもかなり熱いのです。

先述の通り、気温は芝生が植えられ、風通しの良く高さ1.5mの場所で測られます。

 

つまり気温を感じる場所とその条件が違いすぎるため、体感温度が違ってくるという事です。

ちなみにコンクリートやアスファルト舗装が増えたことはヒートアイランド現象の大きな原因となっているそうですね。

 

まとめ

天気予報の気温はくれぐれも参考程度とし、熱中症対策を施しましょう!

水分と塩分をきちんと取って、こまめに休憩を取るなど自分の体を第一に考えて行動してください!

それでは!